BENCH MARKベンチマーク

「ナイフ文化」を語る時メイカーとして「BUCK」「GERBER」が登場するのは当然だが「BENCHMARK」を除外する事はできない。 2001年10月の米軍による「アフガン戦争」が開始されるが、これを遡る1989年にアフガンからのソビエト軍撤退とソ連邦崩壊の中で〔TACTICAL KNIFE〕なる物が登場し〔TAC系〕なる単語が一人立ちし1990年代後半にはマスコミの記事の影響もあって〔TAC系ナイフ〕全盛期があり当店もそれにくみした汚点があり未だに悔しく忸怩(じくじ)たるものがあります。ナイフ歴10年前後の短いインターバルの人は「BENCH MARK」と「BENCH MADE」の区別ができない人も多いでしょう。
さて本題“ベンチマーク”を語る時には二人の偉大なる先人を紹介しなければならないでしょう。一人はブラッキーコリンズ氏。彼は12才の頃からナイフを自らデザインし製作をはじめた。1960年代4種類のカスタムナイフを作る小さなナイフ工場“ベンチマーク”を彼は経営していた。そこにもう一人の重要な人物、当時70年以上の歴史を誇る医療機器メイカー“ジェンキンズ社”の社長R.B.ジェンキンズ氏がいた。氏は自社の多角化にナイフ製作を参入させる企画を立て既存のファクトリー(量産)メイカーとは全く異なった「ファクトリーカスタムメイカー」を探していた。そして二人は意気投合しジェンキンズ氏はなんと1970年代初期に自らベンチマーク社の社長に就任した。氏の豊富な資金と世界一のナイフデザイナーであり、すぐれたメイカーであったブラッキーコリンズ氏の結びつきはベンチマーク社に数々のデザイン(ハンドル含む)ロックシステムの開発を生みカスタムナイフの発想と思想を持ったSOSナイフをはじめとする「量産カスタムナイフ」を世界へ送り出した。
ブラッキーコリンズ氏は単なる職人、デザイナーにとどまらず「ナイフ文化」をアメリカに根付かせるため〔アメリカン ナイフメイカーズギルド〕を創始した。また専門誌〔アメリカン ブレイド マガジン〕を1973年に創刊した。いくつかの本も執筆している。因にクリークは1975年創業(ベトナム戦争敗退)です。ナイフ界のスーパースターのブラッキーコリンズ氏のすぐれたナイフデザインは世界中の多数のメイカーにコピーされた。このコピーに対抗できるのは“アラモ”で有名なジム ボウイのみだと伝えられる。彼の良きパートナーのR.B.ジェンキンズ氏との純粋な結びつきと発想を思う時「ナイフ文化」の一翼をになうショップとして経済の“失われた10年(15年)”は別として責任を感じます。「ベンチマーク」のメイカー説明がいろんなところへ行ったようですが、絶対に知っておいてほしい。 (代表 大西 忠 2007.1.26)

1980年代初期にGERBERに買収された後もブラッキーコリンズはGERBERのデザイナーとして数々のヒット商品 を生み出した。


Bench Mark Old ALL KNIVES

 

 


※ 価格は全て税込です

ホームページリニューアル

スマートフォン・タブレットに対応したデザインにリニューアル中です。一部旧ページが残っていますがご了承ください。


お電話でご注文のお客様へ

0761-21-0008
(11:00〜18:00)

留守電メッセージに県名、お名前、お電話番号等を入れて頂ければお電話をさしあげます。


小松駅前店舗 閉店と通信販売のみ継続のお知らせ

実店舗は2020年11月8日に閉店いたしました。通信販売のみになりましたので店舗はありません。
ご来店頂いておりましたお客様も通信販売をご利用下さい。既にご利用のお客様も引き続きよろしくお願い致します。
通信販売によって全国のお客様へ品揃え豊富な商品を自信と責任を持ってお届けしております。

 

石川県公安委員会古物商許可証
第51104 0011392号「美術品商」
廃番ナイフ専門店
クリーク
〒923-0964
石川県小松市今江町7‐505

ジャパン
ナイフギルド
加盟店

CREEKについて
Albatrossのこと

© 2003 CREEK Albatross.