鹿山 利明
home
 
  豆八丁 つい朱
  
 

  
ブレイド
 ステンレス・ハイスティール  33mm
 落ち着いた色合いであるが華やかさを伴った“つい朱”の人気は高いが製作・入荷共、極めて少ない。
 つい朱の加工技術は宋代以後に発達し、室町時代に日本に渡来。漆工芸・細工は本家の中国を圧倒した。藤本・鹿山の評価、人気共高い米国でも“つい朱”ハンドルは入荷数が少ないので意外と知られていないが、ジャポニカの強まる中でスタッグ・ウッドより最も評価が高まるだろう。
ハンドル
 つい朱
  ハンドル長 51mm
価格

期間限定

 

\445,000

 未使用 新品          JR
 
在庫:有り


home