大きな栗の木の下で最初の工場が建設されたと云う、ドイツ・ゾーリンゲンで17世紀末に創業を開始したゾーリンゲン地方でも老舗中の老舗メイカーで「ツリーブランド」として親しまれている。以前は伝統的なヨーロピアンスタイルの天然材を使ったナイフを製作していたが、最近急速に変化を加速しハンドル素材も革新的なザイテル、G-10、そしてセラミック、チタニウムと積極的に採用し、デザインも有名カスタムメイカー達に依頼する程、 進歩が著しい 〈成美堂ナイフカタログ 2004年度版 P.41参照〉
 ドイツゾリンゲン最大のメイカー「ボーカー社」も、純粋の国産「ドイツ」品は減少しており、China、アルゼンチン、などに外注が活発化しているので、「こだわり派」は注意が必要だ。

BOKER ALL KNIVES
545HH 562 STAG BOP 053 BO 5501S
SOLD OUT SOLD OUT SOLD OUT
SOLINGEN WESTERN GERMANY Boker Boker Ceramic    
画像をクリックされると、拡大された写真とデータがご覧いただけます。